自賠責保険は正しくは自動車損害賠償責任保険と呼び、通称自賠責保険とよばれるものになります。自賠責保険は別名、強制保険と呼ばれ、愛車を定期車検に出す場合は定められた車検期間に効力のある自賠責保険に入っている必要があります。言い換えれば全ての車に加入義務のある保険なのです。では車に自賠責保険がついたまま売却したケースではどうなるか考えてみたいと思います。自動車損害賠償責任保険は車検の際に更新をするというケースがあるものですが、もし自賠責保険に入っているクルマを売りに出した時は払った金額が返金されるということは全然ないと思います。なぜなら自賠責保険の効力を外して、新たな所有者に移すことは多少手間がかかるのです。ですから、自動車損害賠償責任保険は、名義変更後に自動車と一緒に譲るということが普通です。ただしその代わりの金額を商品代に乗せてくれるのです。自動車損害賠償責任保険は自動車税と違って既に納めた金額を月々で割った金額が返ってくるやり方ではなく見積額に乗せるという方法を使うのが通常ではありますがこういった内容が査定票に載るようなことはほとんどありません。ですから、売却の際は強制保険の分の額が売却額に含まれているかを確認する必要があります。自らが払った額がどれだけかということを頭に入れておけば、損をすることはないといえます。その自賠責保険にかかる額に関しては期間によって異なるので、確認が必要です。車の売却の場面では自賠責の名義書き換えをすることを忘れずに。もしも名義変更を忘れていたら、保険業者から自分に自賠責の満了便りが来てしまいます。査定を考えている自動車が多少でも無駄なく査定されることを応援していますね。