「カタカナ生保」とは、外資の保険会社の総称です。

「ひらがな生保」とは、損害保険会社が生命保険も扱うようになって 生命保険会社ですが出身は損保という会社です。

漢字で表記されている会社は日本の生命保険会社で「日本社」という 言い方をする場合もあります。

他の業界でもそうですが、業界内で合併したり社名変更したりで 「この会社の前身はどんな会社だったっけ?」という疑問が出てきたりします。

どこのカテゴリーに含まれるかという視点から見ると 保険会社は「ひらがな」、「カタカナ」、「漢字」で見分けられるので、 もしかしたら他の業界よりわかりやすいかもしれません。

保険商品ひとつひとつを見比べて決断しようとしたら時間ばかりかかりますが、 どのカテゴリーにいる保険会社なのかを見極めてから 商品を選ぶとまだ判断しやすいような気がします。

もちろん個体差(会社)によって特長や生命保険に対する考え方は 変わってきますのでその都度確認する必要がありますが。